院長紹介
当院案内
診察内容
コンタクトレンズ
お問い合わせ
お問い合わせ
コンタクトレンズ診療について

コンタクトレンズは目に直接触れる異物です。コンタクトレンズの安易な取り扱い、購入販売が原因で目に重大な障害を起こし、後遺症で視力障害になる人があり問題視されていました。
平成18年4月に厚生労働省はコンタクトレンズを「高度管理医療器具」に指定、厳しい「管理基準」「診察、販売制度」に規制を受ける医療器具に指定されました。

レンズ販売
医療施設内での医療器具販売は禁止されています。従いまして当院では、眼科医院外の同じビル3階(有)松本メディカルサービス ミカゲコンタクトで販売しています。
ご面倒ですが3階301号でご購入ください。
コンタクトレンズ診療費の算定基準
平成18年4月以降に初めて当院でコンタクトレンズ診療、処方を受けられた日は初診となります。
以後、屈折異常 ( 近視、遠視、乱視など ) 以外の病名がない限り半年、1年後でも再診扱いとなります。
しかし、再診期間中でも屈折異常以外の病気になりますと、その日が改めて初診扱い日となります。
コンタクトレンズの利点

コンタクトレンズは眼鏡と並んで視力を矯正するために用いられます。眼鏡と比較してどの様な良い点があるのでしょうか。

眼鏡は目の表面とレンズの間に間隔がありますので、レンズの度数の差により見えるものの大きさが異なります。コンタクトレンズの場合は目の表面に乗り、さらにレンズと目の間に涙が埋まりますので、度数の差が左右にあっても見える大きさは差がない。(右目と左目で見えるものの大きさが違いすぎると、眼鏡はかけられない。)
角膜の表面が不正なためによる乱視(角膜不正乱視)でも、表面を覆うコンタクトとの間に涙が埋めることにより、コンタクトの表面が新しいなめらかな目の表面となり視力矯正が可能となる。
強度の近視になりますと、眼鏡はかけることが出来ない事が多い。
スポーツなどで眼鏡が使えない時に良い。
眼鏡の使用を嫌う人に便利。
本来、コンタクト・レンズの目的は1、2、3です。現在は4、5の目的で使う人が多いです。
↑top
コンタクトレンズ使用に当たっての注意
コンタクトレンズは便利で有意な視力矯正の用具ですが、あくまでも異物を目に直接当てて使用するものです。使い方を誤ると危険を伴う医療用器具です。以下の点に注意して正しく使いましょう。
使用目的に応じたコンタクトレンズを選びましょう。
  ハードレンズ、ソフトレンズ、使い捨てレンズの選択。使用頻度、使用時の環境などで種類の選択。
あなたの目にあったコンタクトレンズを選びましょう。
  レンズの種類によっては、あなたの目に合わない事があります。目の表面の形状、涙、瞼の状態によってあなたに一番合ったレンズを選択します。
定期検診は必ず受けましょう。
  初めてのレンズの時は、慣れてくると目の条件、度数、涙の状態が変わることが多いですので、レンズの交換が必要なことがあります。レンズの汚れ、キズ、レンズの動き具合などが原因で重篤な眼傷害を来します。
ケア用品は指定されたものを使いましょう。
  レンズの素材により適合しない場合があります。レンズの汚れの程度、性状には個人差が見られます。簡便さなどを基準に勝手に変えない様にしましょう。
レンズのケア(レンズの手入れ)・管理は確実に正しく行いましょう。
  レンズにさわる前には必ず手洗いをしましょう。決められた期間、手入れ法でケアしましょう。
1、2は眼科医の仕事、は皆様の協力で出来る眼科医の仕事、4、5は皆様に守っていただきたい項目です。
↑top
コンタクトレンズ消毒

コンタクトレンズによるトラブルの原因の多くはレンズケアが不十分であることです。毎日大切なあなたの目に直接触れるコンタクトレンズです。正しいレンズケアがあなたの目を守る第一歩です。
特にアレルギー性結膜炎、花粉症、ドライアイ、アトピー体質の指摘を受けているかたは充分に気をつけましょう。

正しいレンズケア (ワンボトルの場合)
レンズをはずす前に必ず石鹸で手を良く洗いましょう。
はずしたレンズを手のひらにのせ、消毒液を適量注ぎます。
レンズの裏表を指の腹でゆっくりとこすり洗いする。(約20回以上)
レンズの裏表を消毒液で充分にすすぐ。(水道水は使用しない)
消毒液を満たしたレンズケースにレンズを入れしっかりとキャップを締める。
レンズをつける前に必ず石鹸で手を良く洗い、その後にレンズケースからレンズを取り出しましょう。
レンズケースの清潔維持に気をつけましょう。
↑top